根管治療

0276-61-3718
診療時間
09:00 ~ 13:0014:30 ~ 18:00
駐車場40台完備休診日 / 日曜日土曜診療
  • 初診専用 24時間WEB予約
  • ライン line相談
  • メール mail相談

キービジュアル

「米国式」根幹治療

「日本式」の成功率50%
「米国式」の成功率90%
当院では成功率の高い「米国式」の治療を実施
次のような特徴もあります。

治療期間が短い
再発率が低い
抜歯回避率が高い

成功率の高い「米国式」の根管治療とは?

ドクター

日本で行われている根管治療は、次のような状況です。

  • 低い成功率(50%)
  • 再発リスクが高い
  • 抜歯になる可能性が高い

しかし、当院で行っている「米国式」根管治療は次のようになります。

  • 高い成功率(90%)
  • 再発リスクが低い
  • 抜歯回避率が高い

なぜ、このような「」が生まれるのでしょうか?

簡単にご紹介すると「日本の保険制度」にその理由があります。保険治療内で行おうとすると、利用できる材料や時間にどうしても制限がかかってしまい、それが治療にも反映されてしまうという残念な事実があります。米国式の場合はその制限をなくします

日本式と米国式を簡単に「比較」したものが下記になります。

「日本式と米国式」根管治療の比較

日本式(成功率50%)
日本式
米国式(成功率90%
英国式
ラバーダム利用の有無×
※再感染のリスクあり

※再感染のリスク低減
利用する道具ステンレスファイル
※精密な治療が難しい
ニッケルチタンファイル
※精密な治療が可能
マイクロスコープの有無×
※肉眼で対応するため低精度

※高倍率治療のため高精度
CT分析×
※正確な診断ができない

※正確な診断が可能
来院回数4回~8回の来院1回~3回の来院
治療薬ゴム
※再発リスクあり
MTA
※再発リスクが低い
被せ物保険適用の素材
※精度が低い
保険適用外の素材
※高精度

このページを見ている方は、次のような方だと思います。

  • 長期間治療をしているが一向に良くならない
  • 治療途中で抜歯を宣告された
  • 治療と再発を繰り返している

このような方を私たちは救いたい

日本で米国式を採用している歯科医院は多くありません
当院では米国式を採用しています。
歯を残したい方、歯を大切にしたい方、諦める前に、一度、当院にお越しください。

当院が行う「米国式根管治療」の詳細をお伝えします

米国式の治療をもっと分かりやすく伝えると「精密さの追求」「見える化」「無菌状態での治療」の3つになります。それぞれご紹介します。

「精密さの追及」

マイクロスコープ

日本式の根管治療では「肉眼」で行われています。
肉眼では「見える範囲が限定」されます。

根管

右の画像をご覧ください。
これは根管の画像です。
ミクロンレベルでの精度を求められます。

この根管内を隅々まできれいに清掃していくのが根管治療ですが、肉眼でそれができるわけがありません。しかし、これを肉眼で行っているのが日本の現状です。

当院では、肉眼の何十倍も視野を拡大してくれる「マイクロスコープ」を利用しています。

下の画像をご覧ください。
「同じ部位」を肉眼とマイクロスコープで見た際の視野の比較になります。

  • 比較1
  • 比較2

どちらの方が精度の高い治療ができるかは一目瞭然ですね。

マイクロスコープを利用することで、従来と比較し下記の違いが生まれます。

  • 治療回数の短縮(1~3回で終了)
  • 成功率の向上
  • 抜歯リスクの低下
  • 再発率の低下

「見える化」

CT

「見える化」とは見えない部分を鮮明に見えるようにすることです。

レントゲン

具体的には「レントゲン」ですね。

一般的には「2次元」のレントゲンを利用し診断が行われています。これで問題ないこともありますが、もう1つ上の「3次元」で撮影することでより詳細な診断が可能になります。

3次元で撮影する機器を「CT」と言います。

下の画像をご覧ください。
この画像は同じ部位をCT(左)とレントゲン(右)で撮影したものになります。
「右の画像」ですが、丸を付けた部分に黒い影がないと思います。

  • 比較1
  • 比較2

実は、黒い影は問題が発生している部位です。
つまり、レントゲンだけで診断した場合は、「問題ない」と判断してしまうため治療は行われません。そうなると、この歯は徐々に悪化し、最終的には抜歯の運命をたどっていたでしょう。

このようなことを回避するため、当院ではCT撮影を実施しています。

「無菌状態での治療」

お口の中にはたくさんの細菌が住み着いています。
その細菌が治療部位に入り込むことで、再発のリスクが高まりますので、いかに「無菌状態」で治療ができるかがカギになります。当院の取り組みをご紹介します。

取組み1「ラバーダム防湿」の利用

ラバーダム

ラバーダムとは治療部位に唾液が入り込むことを防ぐ道具です。根管治療を成功させるためには必須の道具となります。

しかし、日本でラバーダムを利用している歯科医院は1%もないと言われています。

普及していない理由はここでは割愛しますが、日本で行う根管治療の成功率が低い大きな理由はここにあります。

当院で行う根管治療では「必ず」ラバーダムを使用します。

取組み2殺菌作用がある「MTAセメント」

MTA

根管治療ではMTAセメントというもの利用することがあります。

殺菌効果がある他、歯を再石灰化させる再生効果もあるため、他院で抜歯と言われてしまうケースでもMTAセメントを利用することで抜歯を回避できる事があります。

根管治療後の仕上げである、「被せ物」の選択

歯の根の治療後は、被せ物をして治療終了となります。
被せ物には「精度の高い被せ物(自費)」と「精度の低い被せ物(保険)」の2つがあります。
どれを選択するかで成功率が変わることがあります

下の表をご覧ください。
「根管治療」の精度と、治療後に装着する「被せ物」の精度による成功率の違いです。

「根管治療」の精度「被せ物」の精度成功率
パターン①〇高い精密度〇自費91.4%
パターン②△中度の精密度〇自費67.6%
パターン③〇高い精密度×保険44.1%
パターン④×低い精密度×保険18.1%

端的にお伝えすると、「精度の高い根管治療」と「精度の高い被せ物」を選択することで、根管治療の成功率(パターン①)は90%を超えることができますが、どちらの精度も低い場合(パターン④)の成功率は18%となります。

ドクター

被せ物の精度が低いと、なぜ成功率が下がるの??
このように感じられるかと思います。

簡単に説明すると、被せ物の精度が低いと、歯と被せ物の隙間から細菌が侵入し、根管内で再感染が生じる可能性が高まるためです。

つまり、成功率を高めるためには「精度の高い根管治療」だけでなく「被せ物の精度」も高めなければならないのです。

最後に、ドクターからのメッセージ

成功率が低い日本式の根管治療を受けて悩まれている患者さんが多くいらっしゃいます。

再治療を行ったとしても、もしくは治療を受ける歯科医院を変えたとしても「日本式」のままでは悪化の一途をたどるだけです

歯を大切にしたい方は、米国式を採用している歯科医院に相談してください。

ドクター

またもう1点、お伝えしたいことがあります。

それは、「最初の治療」、つまり1回目の根管治療をどのように行うかで、歯の寿命は変わってくるという事。

これは、2回目以降の根管治療の成功率は大幅に下がるという統計が出ているためです。

再治療での成功率は、日本式は20%ほど、米国式でも70%ほどです。
そして、その再治療に失敗してしまうと多くが抜歯になってしまいます。

この事実をご存じの患者さんはほとんどいないと思います。

失った歯は二度と戻ってきません。
あなたの歯を大切に考える歯科医院での治療をお勧めします。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • line相談
  • メール相談

電話での問い合わせ

0276-61-3718

医院の住所

〒373-0844 群馬県太田市下田島町1049

このページの先頭に戻る

LINEで矯正・審美治療の相談ができます

「私の歯ならびはマウスピース矯正できるかな......」
「ウチの子は矯正したほうがよいのでしょうか......」
「この銀歯を白くしたらいくらくらいかかるのかな......」

お口の悩みは様々ですが、なかなか初めての歯科医院に行くのはもちろん、電話も勇気がいりますよね。
尾島デンタルは予約もですが、電話も混み合っていてつながりにくいとご意見をいただくことが多い歯科医院です。
そこで、来院の前に気軽に相談できる方法として、写真を添付してLINEで相談を受けることにいたしました。

【注意点】
ご予約の変更やキャンセルなど、ご予約に関することはLINEでは行えません

  • ※1 写真のみでの診断は判断の難しい場合や、誤解などが生じるため、正確な診断ができない場合があります。
  • ※2 担当の歯科医師の状況により返信が遅くなることがあります。
  • ※3 詳しいご相談をご希望の方やご来院いただいてからとなります。ご希望の方は、ご予約の上ご来院ください。
  • ※4 県外などの来院が現実的に難しい方はお近くの歯科医院でご相談ください
LINE相談をする