根管治療

0276-61-3718
診療時間
09:30 ~ 13:0014:30 ~ 18:30
駐車場40台完備休診日 / 日曜日土曜診療
  • 初診専用 24時間WEB予約
  • ライン line相談
  • メール mail相談

キービジュアル

可能な限り
再発を回避」します

再発してしまうのは、
感染部位の取り残しがあるからです。

取り残しを回避することで、
再発の確率が格段に低下します。

何度も再発してしまっている方へ

根管内

根管治療を何度もしているが、一向に良くならない
そのような声をよく耳にします。

根管治療は歯科治療の中でも繊細を極める治療で、かつ、再発率も高い治療になります。
しかし、再発しないようにしっかり行う治療法は存在します。

端的にお伝えすると、感染部位をしっかり除去し、隙間なく根管内を埋めることです。

しかし、根管はまっすぐではなく、様々に分岐しているため、なかなか上記を達成することは難しいのが現実です。しかし、当院で行う根管治療は一定の成果を上げています。

その理由をこれからご説明します。

取組み1一般のレントゲンよりも精度が高いCT装置

先ほどもお伝えした通り、根管内は複雑に入り組んでいます。
目視だけでは限界がありますので、レントゲン撮影をし、まずは状況を確認する必要があります。

二次元のレントゲンで撮影するのが一般的ですが、当院では三次元で撮影できるCTも活用します。なぜなら、二次元では精度の高い撮影が難しいケースがあるためです。

  • CT
  • CT1

二次元レントゲンと三次元のCTで、どのくらい「見え方」に差があるかをご紹介します。

下記画像をご覧ください。

  • 比較1

    三次元

  • 比較2

    二次元

左の画像が三次元のCT、右の画像が二次元のレントゲンです。同じ部位を撮影しています。
丸を付けた部分が問題の箇所ですが、二次元のレントゲンだと、この丸の部分に黒い色がついていません。つまり、二次元だけでの診断では「問題はない」と判断してしまうのです。

これはとても危険です。
歯科治療において「見えない」は治療の質に大きくかかわってくることが分かると思います。

※全てのケースでCT撮影を行うわけではありません。

取組み2根管長測定器

測定器

根管治療をする際、根管内の深さを的確に知る必要があります。当院ではこの深さを把握するため、「根管長測定器」というものを利用しています。
これは根尖(根の先端)までの距離が非常に正確に計測できる優れものです。

取組み3再感染・再治療を回避するための「ZOO」の活用

ZOO

ZOOとは、治療部位への感染を防止する道具です。
これを使用することで、口腔内細菌が根管に侵入するのを防ぎ、無菌的な処置を行うことが可能になります。再発してしまう原因の1つは、治療中に、根管内に細菌が入り込むことですので、これを回避することができます。

※ケースによっては利用しないこともあります。

取組み4根管内を綺麗に清掃する「ニッケルチタンファイル」

柔軟性比較

感染部位を除去する道具として「ファイル」というものがあります。
ファイルにはステンレスファイルとニッケルチタンファイルがあるのですが、当院では、「ニッケルチタンファイル」を利用しています。

その理由は「柔軟性」です。
画像をご覧ください。ステンレスファイルとニッケルチタンに同じ力を加えた際の状態です。根管内は複雑に入り組んでいますので、根管の形状に合わせてファイルも変形しなければなりません。

柔軟性がないステンレスファイルでは、しっかり汚れを取り除けないばかりか、場合によっては根管内を傷つけてしまうこともあります。

当院では、「レシプロックシステム」と呼ばれるニッケルチタンファイルを利用しています。
従来のニッケルチタンファイルよりも耐久性が高く、治療時間を短縮できるメリットがあります。

ドクターからひと言

ドクター

根管治療は歯科治療の「基本」です。

これがしっかりできなければ、歯の寿命は著しく短くなります。しかし、しっかり治療できれば歯の寿命を大幅に伸ばすことができます。

患者様によっては、1本くらい歯がなくなっても大丈夫と考え、根管治療を途中で放棄し最終的に抜歯になってしまう方がいます。

そのような方がおっしゃる言葉。
それは、「あの時しっかりと治療しておけばよかった

失って初めて、歯のありがたみがわかります。

このようにならないためにも、途中で投げ出さず、治療終了までお付き合いいただきたいと切に願います。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • line相談
  • メール相談

電話での問い合わせ

0276-61-3718

医院の住所

〒373-0844 群馬県太田市下田島町1049

このページの先頭に戻る

LINEで矯正・審美治療の相談ができます

「私の歯ならびはマウスピース矯正できるかな......」
「ウチの子は矯正したほうがよいのでしょうか......」
「この銀歯を白くしたらいくらくらいかかるのかな......」

お口の悩みは様々ですが、なかなか初めての歯科医院に行くのはもちろん、電話も勇気がいりますよね。
尾島デンタルは予約もですが、電話も混み合っていてつながりにくいとご意見をいただくことが多い歯科医院です。
そこで、来院の前に気軽に相談できる方法として、写真を添付してLINEで相談を受けることにいたしました。

【注意点】
ご予約の変更やキャンセルなど、ご予約に関することはLINEでは行えません

  • ※1 写真のみでの診断は判断の難しい場合や、誤解などが生じるため、正確な診断ができない場合があります。
  • ※2 担当の歯科医師の状況により返信が遅くなることがあります。
  • ※3 詳しいご相談をご希望の方やご来院いただいてからとなります。ご希望の方は、ご予約の上ご来院ください。
  • ※4 県外などの来院が現実的に難しい方はお近くの歯科医院でご相談ください
LINE相談をする