医院ブログ|尾島デンタルクリニック

0276-61-3718
診療時間
09:30 ~ 13:0014:30 ~ 18:30
駐車場40台完備休診日 / 日曜日土曜診療
  • 初診専用 24時間WEB予約
  • ライン line相談
  • メール mail相談

キービジュアル

インビザラインプラチナエリートドクター

2021年01月16日

あけましておめでとうございます。

歯科医師の伊藤です。

 

感染症の流行で大変な一年のスタートになりましたが、対策を行いながら2021年も良い一年にできるようにお互いに頑張っていきましょう。

今年も宜しくお願いします。

 

今回もマウスピース矯正インビザラインのお話です。

 

以前のブログでもインビザライン矯正を行う歯科医院は年間症例数によりランク分けされていることをお話させて頂きましたが、2020年の年間実績を認められ、群馬県内でも数名のインビザラインプラチナエリートドクターと呼ばれる上位ランクの盾を頂くことができました。

 

2020年もより多くの患者さんに綺麗な歯並びになって喜んで頂けるよう、医院一同取り組んでいきますので宜しくお願い致します。

 

歯並びが気になる、ワイヤーが嫌、値段が高くて手が出せなかった、どう始めたら良いのか分からない、などの悩みを抱えている方もいると思います。

 

当院では無料矯正相談を行なっていますので、お話だけでも聞いてみたい方は是非ご相談下さい。

お待ちしております。

 

今回はインビザラインのランクのお話でしたが、歯科医院選びの一つの基準になると思うので参考にして頂ければ幸いです。

 

矯正と歯の抜歯

2021年01月4日

こんにちは、歯科医師伊藤です。

 

当院で行っているマウスピース矯正「インビザライン」についてのお話しをしていきます。

 

今回はインビザラインと歯の抜歯についてです。

 

ガタガタの歯並びを矯正で治す際には抜歯が必要な場合と必要ではない場合があります。

 

ガタガタ度合いが少なめの場合は、歯と歯の間に隙間を作ったり、歯並びを拡大することで抜歯をしなくても綺麗な歯並びを獲得することができます。

 

一方、ガタガタ度合いが強く、隙間を作っても改善できない場合には抜歯が必要になります。

 

矯正する際に抜歯が必要なのかどうかを判断するには、お口の中をスキャンしてその場でシミュレーション画像を見ることで判断が可能です。

 

歯並びのガタガタがコンプレックスだったり、他院で抜歯が必要と言われたけど抜歯はしたくない、などお悩みの方がいらっしゃいましたら、矯正無料相談は随時受け付けておりますので是非ご相談下さい。

マスク

2020年12月24日

こんにちは、歯科医師の鈴木です。

 

有難いことに、通っていただいている患者さんから時々頂き物をします。

 

お菓子や果物、旅行先のお土産などいろんなものを頂いたことがありますが、先日初めて頂いたものがありました。

 

それは、、、

 

「マスク」

 

です。

 

オシャレな手作り布マスクを頂きましたー!!!

 

歯科医師という仕事なので、コロナウイルス流行前からも毎日マスクは生活に欠かせないものでしたが、コロナウイルスが流行してからはなかなかマスクも手に入らない時期もあり、マスクの大切さを痛感しました。

 

 

コロナウイルスがなければ、このような素敵なマスクを頂くこともなかったかもしれないので、まだまだ世界的に大変な時期が続いていますが、人の温かさが伝わってくるこのマスクとともに、コロナウイルスから解放される日を信じて、引き続き仕事に励んでいきたいと思います!

 

お名前は出せませんが、大切に使わせていただきます!

 

ありがとうございました(^-^)

認知症について

2020年12月5日

こんにちは、歯科医師の鈴木です。

 

今回は認知症についてお話します。

 

歯科なのに認知症?と思われる方もいるかもしれませんが、実は歯科と認知症には深い関係があります。

 

一つは、歯の本数です。

 

食事をよく噛むと、脳が刺激されて頭が良くなる!などという話を聞いたことがあるかもしれませんが、自分の歯が残っていない人ほど認知症になる確率は高くなるという研究結果があります。

 

もう一つは歯周病です。

 

歯周病の原因菌である細菌が、血管を通って脳内に蓄積され、それが原因となって認知症になりやすくなるということが最近の研究で分かってきました。

 

歯周病は、ほぼすべての人がかかってしまう病気です。

そして自覚症状がほとんどないというところが歯周病の怖いところでもあります。

 

自分は歯周病じゃないと思っていても、歯科医院で検査をするとおそらく90%以上の確率で歯周病と診断されてしまいます。

 

ただし、歯周病も全てが危険なわけではなく、軽度であればきちんと定期的に歯石取りなどの治療とメインテナンスを行えば重症化することはありません。

 

また、重症な方でもきちんと時間をかけて治療を行えば、改善する可能性は十分にあります。

 

早い時期からお口の中の健康を守ることは、将来の認知症予防にもつながります。

 

まずは自分が歯周病かどうかを確認するためにも、歯科医院の受診をお勧めいたします!

根管治療中の腫れ

2020年11月27日

こんにちは、歯科医師の嶋崎です。

 

先日、外出している間にカバンの中に入れておいたマウスピースのケースを愛犬に取り出され、ボロボロにされていました。マウスピース本体は装着していたので無事でした…

 

ご自宅で、犬や猫を飼われている方は、矯正装置や取り外しの歯(ケースも含めて)にいたずらをされないように注意しましょう!

 

さて、今回は、根管治療中に起こる腫れについてお話をさせていただきます。

 

腫れが生じる原因は、管の中の清掃が進み、管の中にいる細菌が一時的に活発化して、管の外で悪さをするためです。

 

特に、根管治療が行われずに神経が死んでしまい、長年経過した歯の治療を開始したときに起こりやすいといわれています。

 

腫れが生じた際には、管の中から膿をだし、管の中を洗浄します。また、暴れている細菌を抑えるために抗生剤を数日間服用していただきます。

 

その後は、通常の根管治療同様に器具を用いて、管の中を徹底的に清掃していき、きれいになった段階で最終的なお薬を詰めていきます。

 

治療を開始しても、根の管の中は複雑なため、痛みや腫れを生じることがあります。

 

根管治療中で、悩みがある方はいつでもお気軽に質問してください。

マウスピース矯正(インビザライン)を成功させるために必要なこと

2020年11月15日

こんにちは、歯科医師伊藤です。

 

当院おすすめのインビザライン治療を希望される方が増えております。

 

インビザラインを行うにあたり、治療を成功させるために必要なポイントをお話しさせて頂きます。

 

まずインビザラインはマウスピース矯正の一つでマウスピースを患者さん自身がしっかりはめないと成功しません。

 

決められた時間しっかりと使うことで計画通りの動きをしてくれますので、これが一番の成功のポイントです。

 

最初は大変そうなイメージを抱いている方が多いですが、慣れてしまうと付けていることも気にならないとおっしゃる方が多いです。

 

続いて、アライナーチューイーをしっかりと使用することです。

 

アライナーチューイーとはインビザラインのマウスピースをしっかりと歯に適合させるために咬むゴムのことです。

 

このアライナーチューイーをしっかり使うことでズレが起きにくくなります。

 

最後に、矯正治療を行なっている間に虫歯や歯周病になってしまうと矯正の意味が薄れてしまうので、歯をしっかり磨くことも大事です。

 

また、インビザラインのマウスピースもきれいに保つことで虫歯や歯周病のリスクも減らすことができます。

 

効果の高いインビザライン治療を成功させるためには、患者さんの協力が必要不可欠です。

 

きれいな歯並びを目指して一緒に頑張っていきましょう。

親知らずって抜いたほうがいいの?

2020年10月31日

こんにちは、歯科医師の鈴木です。

 

本日は親知らずについてお話します。

 

「親知らずって抜いた方がいいの?」

 

という質問を患者さんからよく受けます。

 

親知らずの抜歯は歯医者さんによっても意見が分かれるところも少しありますが、私の考えとしては、親知らずを残しておくことによるメリットはほとんどありませんが、デメリットは多いかと思います。

 

具体的なデメリットとしては、

 

・親知らずはむし歯になりやすい

・親知らずだけではなく、その手前の歯まで一緒にむし歯になることが多い

・急に腫れることがある(ひどい場合は顔が変わるくらい腫れます)

・矯正治療を行う場合は、邪魔なのであらかじめ抜歯する必要があることもある

 

などが挙げられます。

 

親知らずの向きや埋まっている場合は深さなどによって抜歯の大変さは異なり、口腔外科のある大型の病院へ紹介させていただくこともめずらしくありません。

 

先日放送していたテレビ番組では、飛行機に乗って海外旅行に行った際に気圧の変化によって親知らずが腫れ、海外の歯科医院へ受診できずに放って置いたら、命の危険にまで発展してしまった人の話が放送されていました。

 

こんなことは滅多にないかと思いますが、大事な仕事や受験、結婚式などなど、親知らずはいつどこで急に痛くなったり腫れたりするか分かりません。

 

早く抜いておけばよかった〜とならないように、抜歯すべきか迷っている方は、まずは一度歯科医院へ相談してみてはいかがでしょうか。

個室テーマ

2020年10月22日

こんにちは、歯科医師の鈴木です。

 

本日は当院の診療室についてご紹介したいと思います。

 

現在、尾島DCではユニット(診療台)が全部で21台あるのですが、全てのユニットが個室または半個室になっています。

 

特に歯周病治療やメインテナンスを行う際は、みなさんにできる限り落ち着いた空間で処置を受けていただけるように基本的には個室のユニットへご案内させていただいております。

 

いつも通ってくださっている方はご存知の方が多いかもしれませんが、尾島DCの個室はすべての部屋にテーマを設けており、壁紙や置かれている物を変えています。

 

具体的には、

「海」「白樺」「チリ」「桜」「ムーミン」「地中海」「パンダ」「ラベンダー」「ログ」「ニューヨーク」

というテーマに沿った個性豊かな個室が10部屋あります。

 

この中に入ったことのある部屋はありますか?

 

まだ入ったことのない部屋も多いと思いますので、10部屋全てを体験できるようにこれからも治療やメインテナンスにお越しくださる際の楽しみの一つにしていただければと思います!

 

もしお気に入りの部屋や入ってみたい部屋がありましたらスタッフまでお声がけください!

インビザラインプラチナドクター

2020年10月13日

こんにちは、歯科医師の伊藤です。

季節も秋に移行し、気温も下がってきましたがいかがお過ごしでしょうか?

 

今回は「インビザラインプラチナドクター」の認定についてお話しします。

 

インビザライン矯正を行う歯科医院は年間症例数によりランク分けされており、インビザラインプラチナドクターとはその上位ランクの一つです。

 

これは世界共通の基準です。

 

当院は年間のインビザライン矯正の患者さんの数が多いため、今年の夏にインビザラインプラチナドクターの認定を受け、その盾を頂くことができました。

 

当院では現在も毎日多くの方が矯正相談にいらっしゃっていますので、今後もより多くの方にインビザラインのメリットを提供できることを嬉しく思います。

 

昔から歯並びが気になっていたけどなかなか機会が無かった、ワイヤーが嫌だった、値段が高くて手が出せなかった、いつ始めたら良いのか分からなかった、などたくさんの悩みを抱えている方もいると思います。

 

無料矯正相談では、歯並びの確認、矯正方法と流れの提案、費用、来院回数の説明などをその場で詳しく説明します。

お話だけでも聞いてみたい方は是非ご相談下さい。お待ちしております。

 

今回はインビザラインのランクのお話でしたが、歯科医院選びの一つの基準になると思うので参考にして頂ければ幸いです。

口腔機能発達不全症②

2020年10月5日

こんにちは、歯科医師の今野です。

 

前回、口腔機能発達不全症の概要についてお話しましたが、今回はもう少し具体的にお話ししたいと思います。

 

1歳半健診の際のデータによると、8割近くのお母さんたちが子供たちの食に関する心配事があるようです。

 

例えば

 

偏食がある
丸飲みする
飲み込まない
離乳食が進まない

 

などです。

 

いずれも口に関する悩みごとですが、こういった相談を歯科医院でする方はまだあまりいらっしゃらないようです。

 

しかし、このような悩みごとの原因にはお口の機能、具体的には舌や唇の機能に問題がある場合があります。

 

たとえば、舌の動きがまだ育っておらず、舌が水平方向に動くようになるまでは、肉や野菜など、繊維の多いもの噛んで吐き出してしまうことが多いです。

 

舌が横に動かないと唾液が出にくく、味覚が発達しにくいのでおいしく感じにくくなります。また、言葉の切れが悪くなります。

 

舌を上下に動かせない子は飲み込みが難しく、むせやすくなります。

 

よだれが多い子も飲み込むタイミングが難しい子です。

 

お母さんの悩みに多いお子さんの偏食にも、

①心理的なもの ②口腔機能と食形態の不一致
といった原因が考えられます。

 

心理的なものが原因の場合は臨床心理士への相談が必要ですが、口腔機能の問題の場合もありますので、お悩みのことがあれば、ぜひ歯科医院でご相談ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • line相談
  • メール相談

電話での問い合わせ

0276-61-3718

医院の住所

〒373-0844 群馬県太田市下田島町1049

このページの先頭に戻る

LINEで矯正・審美治療の相談ができます

「私の歯ならびはマウスピース矯正できるかな......」
「ウチの子は矯正したほうがよいのでしょうか......」
「この銀歯を白くしたらいくらくらいかかるのかな......」

お口の悩みは様々ですが、なかなか初めての歯科医院に行くのはもちろん、電話も勇気がいりますよね。
尾島デンタルは予約もですが、電話も混み合っていてつながりにくいとご意見をいただくことが多い歯科医院です。
そこで、来院の前に気軽に相談できる方法として、写真を添付してLINEで相談を受けることにいたしました。

【注意点】
ご予約の変更やキャンセルなど、ご予約に関することはLINEでは行えません

  • ※1 写真のみでの診断は判断の難しい場合や、誤解などが生じるため、正確な診断ができない場合があります。
  • ※2 担当の歯科医師の状況により返信が遅くなることがあります。
  • ※3 詳しいご相談をご希望の方やご来院いただいてからとなります。ご希望の方は、ご予約の上ご来院ください。
  • ※4 県外などの来院が現実的に難しい方はお近くの歯科医院でご相談ください
LINE相談をする