医院ブログ|尾島デンタルクリニック

0276-61-3718
診療時間
09:00 ~ 13:0014:30 ~ 18:00
駐車場40台完備休診日 / 日曜日土曜診療
  • 初診専用 24時間WEB予約
  • ライン line相談
  • メール mail相談
キービジュアル

セミナー参加

2021年11月8日

こんにちは、歯科医師の鈴木です。
今回はセミナーの受講についてお話ししたいと思います。

 

セミナーとは研修会や勉強会のことで、尾島デンタルクリニックの歯科医師やスタッフは新しい知識の習得や技術の研鑽のために日頃からさまざまなセミナーを受講しています。

 

僕自身も多くのセミナーを受講しており、最近では診療が終わってから夜の20:00〜23:00までzoomを利用したオンラインセミナーを毎週受講しています。

 

コロナウイルス流行後は、このzoomでのセミナー受講が増えてきています。

 

僕だけでなく他の歯科医師やスタッフも平日や休日問わずたくさんのセミナーを受講しており、セミナーを受講している数で言うとおそらく日本一の歯科医院ではないかと思っています。

セミナーを受講することで、最新の歯科医療の知識を学ぶ、すでに行なっている治療のレベルをさらに上げる、有名な先生の話を聞き同じ方法を取り入れるなど、歯科治療のレベルアップを目指しています。

 

歯科業界は変化が多い業界なのですが、なかなか変化出来ずに何年間も昔のままの治療を行なっている歯科医院も多くあります。

尾島デンタルクリニックでは、セミナーの受講を通して学んだことをすぐに取り入れることが多いため、最新の治療や機材をどんどん導入しています。

 

セラミックを作成するCERECや、インビザラインの型取りを行うiTeroなども複数台導入済みです。

 

通ってくださっている患者さんのお口の健康を守っていくために、新しい知識の取得や技術の向上は僕たちの責任だと思って日々頑張っていますので、これからもたくさんセミナーを受講して、みなさんのお口の健康へとつなげていきたいと思います。

傷で出来やすい口内炎

2021年10月16日

こんにちは、歯科医師の平形です。

 

前回、口蓋隆起のお話をした際に、お口の中の粘膜にできるトラブルについてお話したい、と書きました。

 

皆さんは口内炎はできる方ですか?私は度々口内炎の襲撃を受けています。

 

痛い上に、何故か複数出来てしまうことも珍しくなく、生活する上で、かなり気になってしまい、仕事に集中出来ないこともあります。

 

お話やお食事も取りにくくなる厄介な症状ですが、原因は一つではなく、その時々で判断が必要です。

 

①傷
②ストレス、疲れ
③ウイルス
④カビ
⑤ガン、もしくはその治療での副作用
⑥アレルギーなど

 

今日はその中でも①傷で出来やすい口内炎についてお話して行こうと思います。

 

カタル性口内炎、単純性口内炎と呼ばれるものです。

 

食事中にほっぺの内側や舌を噛んでしまった時や、転んで地面に口をぶつけ、傷から地面の細菌に感染したときなどが代表的な原因です。

 

また、口の中が不衛生であったり、熱い食べ物で火傷したときなどに出来ることもあります。

 

痛みもあり、苦しいと思いますが、他の特徴として、傷ついた部分だけ白い口内炎が出来るというところがあります。1週間程度で自然に治るため、何か特別に薬や処置は必要ありません。

 

よく、小さいお子さんのお口の中で、この口内炎を発見した保護者の方が、びっくりして当院へご連絡してくださる方もいらっしゃいますが、基本はしっかり食べて、しっかり休んで、健康的に過ごすことが、治すことへの近道になります。

 

焦らず、過ごしましょう♡

 

ただ、痛みもあり、生活に支障が出る方もいらっしゃると思いますので、気になる際は一度我々歯科医師に確認させて頂ければと思います♡

審美セラミック治療|群馬県太田市

2021年07月24日

こんにちは、歯科医師の熊澤です。

夏に入り、群馬県はかなり熱くなってきましたね。

 

本日は審美セラミック治療、いわゆる白い詰め物についてお話しようと思います。

 

みなさんは審美セラミック治療についてどんなイメージを持っていますか?

見た目が良い?虫歯になりにくい?様々だと思います。

セラミック治療はセラミックス(陶材)のブロックを接着剤(むし歯治療で使用されるプラスチックに似たもの)を使用してつけることを指します。

 

セラミックスは陶材を使用しているので、金属やプラスチックと比較して

 

・汚れが付きにくい
・変色しにくい
・膨張、収縮が少ない
・使用する接着剤が溶けない

 

等の利点が挙げられ、これらが見た目が良い、虫歯になりにくいと言われる理由です。

 

金属の詰め物は5年間で60%程度しか持たないとの研究があります。
その原因は金属の膨張収縮や接着剤の溶出により歯と金属の隙間が生じるためです。
再治療の際は虫歯を削るため、ご自身の歯が少なくなってしまいます。

 

一方でセラミックの詰め物は5年間で90%以上持つという研究があります。

残りの10%の原因はセラミックの破折がほとんどです。

もしセラミックが割れ、再治療になったとしても今よりも大きく削ることはありません。

 

みなさんは虫歯になったとき、どういった気持ちを持って治療しますか?

少なからずもう虫歯になりたくないと思っているはずです。

 

今後セラミック治療を検討している方、詳しく知りたい方がいらっしゃいましたら
お気軽にご相談ください。

下顎隆起と外骨症|太田市の歯科医院

2021年07月13日

歯科医師の平形です。

先日、患者さんから「上あごに硬い出来物が出来ていて心配なので見てほしい」というお話がありました。

 

確認すると、「口蓋隆起」と言われるもので、専門的には「外骨症」といいます。

上の顎に出来るものは「口蓋隆起」、下の顎に出来るものは「下顎隆起」と呼ばれ、どちらも骨の過剰発育から見られます。

多くは、噛み合わせの強さ等が影響していると考えられています。

 

患者さん自身がお気付きになられた際は、悪性のものではないか?と受診されることが多いのですが、骨の変形ですので心配はありません。

そのため、何か自覚症状がなければ、経過観察になります。

しかし、あまりに大きくなったことで話しにくくなったり、お食事を飲み込みにくくなることもあります。

また、入れ歯を作る際に支障が出る方もいらっしゃいます。

そういったケースは、外科的に切除をご提案することもあります。

 

先程の患者さんは、口蓋隆起に気付いてから、気にして触りすぎてしまって、赤く腫れ、痛みが出てしまっていました。自然に過ごしていただくことが一番です。

気になる方は、1度クリニックへ相談にいらしてください。

 

口蓋・下顎隆起の様にわかりやすいものもありますが、頬の粘膜や歯ぐき、舌などの状態の変化には、皆さんなかなか気付かれないことも多いようです。

些細な変化にも対応出来る様に、我々にお口の中を確認させて頂ければと思います。

 

むし歯や歯周病の治療目的には限らず、3ヶ月に1回程度は、クリニックへ。ぜひお待ちしております。

また、機会があれば、お口の中の粘膜の病気についてお話していきたいと思います

歯ブラシの毛の硬さについて

2021年06月29日

こんにちは、歯科医師の熊澤です。

 

4月から新入社員が増え、かなり院内も賑やかになってきました。

 

今回は歯ブラシの毛の硬さの選び方についてお話します。

 

スーパーマーケットやドラッグストアには様々な硬さの歯ブラシが陳列されています。

 

みなさんはどの硬さの歯ブラシを使用されているでしょうか?

 

硬い毛の歯ブラシはしっかり汚れが取れそうだけど痛そう…

柔らかい毛の歯ブラシは歯茎に優しいけど、汚れが落ちるのか不安…

 

沢山あってどれを選んだらよいか分からない!という方もいるのではないでしょうか?

 

歯ブラシを購入する時に悩んでいる方もいると思うので「歯ブラシの毛の硬さ」に関する1つの研究データを紹介します。

 

研究内容は歯茎の傷と歯ブラシの毛の硬さ、年齢、性別、ブラッシング時間、歯茎の下がり具合、プラーク(汚れ)、ブラッシングの頻度の関連性を調べたものです。

 

結果としては歯ブラシの毛が硬いものと柔らかいものを一定期間(28日間)使用した口腔内を比較すると歯ブラシの毛が硬いほうが柔らかいほうと比べ、歯茎が傷つけやすく、歯茎が下がりやすいことも分かりました。

 

つまり歯茎を傷つけないためには、歯ブラシの毛は柔らかいほうが良いということになります。

 

ただし歯ブラシの毛が柔らかすぎると汚れが落ちにくいため、毛の硬さは 普通~柔らかめが良いです。

 

歯茎が下がってくると知覚過敏(しみる症状)が生じる可能性が高まるため、知覚過敏に悩まれている方や歯茎に痛みがある方は一度歯ブラシの毛の硬さに注目してみてはいかがですか?

 

もしどの歯ブラシを選んだらよいか分からないという方は遠慮なく当院スタッフに相談してみて下さい。

 

もちろんそれぞれの口腔内の状況に合わせてご提案させていただきます。

 

次回は「歯みがきとフロスはどちらが先に使用したほうがよいか」について説明していきます。

デンタルローン

2021年06月21日

【デンタルローン】

 

こんにちは、歯科医師の鈴木です。

 

本日はデンタルローンについてのお話をしようと思います。

 

聞いたことがある方もいるかもしれませんが、歯科の治療費をローンを組んで支払うことが出来ます。

 

当院でもデンタルローンは導入しており、インプラントや矯正治療などを行う方を中心にご利用頂いています。

 

歯を抜くことになってしまいインプラントをしたいけど・・・

昔から歯並びが気になっているけど・・・

子どもの歯並びが心配で早めに治してあげたい・・・

 

など、治療はしたいけど費用がネックになってしまいなかなか治療ができない方もいらっしゃいます。

 

デンタルローンであれば、治療費をローンの支払いに出来るので、月々数千円の支払いで無理なくお支払いしながら治療を受けることが出来ます。

(何回払いにするかなどもご自由にお選びいただけます)

 

 

歯を抜けたままにしてしまうと他の歯にも悪い影響が出たり、両隣の歯を一度削ってブリッジにしてしまうと削った歯は長持ちしません。

 

歯並びも早めに治すことで、新たなむし歯を予防できたり、卒業式・成人式・結婚式などのイベントも素敵な笑顔で迎えることが出来ます。

特にお子さんの矯正治療は子どもの時期に行うメリットが多いのでタイミングも重要です。

 

デンタルローンを活用することで、治療の選択肢が広がります。

 

治療費が心配な方も多いと思いますが、当院では治療費のお見積もりや分割払い、デンタルローンなどのご相談もお受けしていますので、何かご不安やご心配な点などあればぜひ一度ご相談ください。

歯みがきの順番

2021年06月12日

こんにちは、歯科医師の熊澤です。

 

今日は歯ブラシとフロスの順番についてお話していきます。

 

歯周病やむし歯を予防するためには歯間部の清掃をすることが重要になります。

 

歯ブラシだけでは清掃は十分ではなく、歯間ブラシやフロスの使用が必要になります。

 

では歯ブラシとフロスのどちらを先に使用したほうが良いのでしょうか?

 

そんな疑問について研究した論文があるため紹介します。

 

研究内容は「歯ブラシとフロスの使用順によって歯間部プラークの除去量と口腔内のフッ化物濃度に違いがあるか」です。

 

結果はフロス→歯ブラシの順に使用した方が多くのプラークが除去され、フッ化物濃度は高くなりました。結論としてフロスを先に使用したほうが良いということになりました。

 

理由としては、フロスにより歯間部の汚れが先になくなり、フッ化物が停滞しやすくなったと考えられます。

 

毎日歯ブラシを使用している方は大多数だと思いますが、フロスを使用している方はあまり多くはないと思います。

 

フロスや歯間ブラシ等の補助的清掃器具を使用することで歯周病やむし歯のリスクを減らすことが出来るので、この機会に始めてみてはいかがですか?

 

フロスはいろいろな種類があって何を選んでいいか分からない...

フロスを使用してみたいけど、使い方が良く分からない...

 

などお口のことで悩みがある方がいらっしゃいましたら、いつでもお気軽に質問してください。

歯石取り|太田市歯周病治療

2021年05月29日

こんにちは、歯科医師の鈴木です。

 

本日は「歯石取り」について話していこうと思います。

 

歯石取りを受けたことがない人はほとんどいらっしゃらないと思いますが、実は歯石取りには種類があるのをご存知でしょうか?

 

当院に通っていただいている患者さんであればきちんとこの違いについてもご説明させていただいていると思いますが、歯石には大きく分けて2つの種類があるんです。

 

それは「縁上歯石」と「縁下歯石」です。

 

縁上歯石とは、歯肉よりも上の部分についた歯石のことです。

目で見ることができ、見た目的には少し黄色っぽい色をしています。超音波スケーラーという専門の機械でお水を出しながらカリカリ除去していきます。

 

こちらの歯石取りは、多くの方が経験あるのではないでしょうか?縁上歯石は比較的簡単に取れるため1〜2回で歯石を取り終えることが出来ます。

 

一方の縁下歯石とは、歯肉よりも下の部分についた歯石のことを言います。

歯の根っこの深いところについてしまった歯石のことで、こちらは縁上歯石よりも取ることが困難で、歯石に血が混じることが多いため、黒っぽい色をしています。

 

そして、この縁下歯石が歯周病を進行させてしまう原因の一つでもあります。こちらは機械ではなく、手作業で1本ずつ丁寧に歯石取りを行うため、歯石の付き具合によりますが2〜6回程度かかります。

 

歯科医院で歯石取りに何回も行かなくてはいけないのはなんで?と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、それはこの縁下歯石を取る作業に時間がかかってしまうからなのです。

 

逆に歯科医院で定期的に歯石取りを受けているのになかなか歯周病が良くならない!という方は、もしかしたら縁下歯石を取ってもらえていないのかもしれません。

 

縁下歯石も一度しっかり取ってしまえば、その後は毎日のご自身での歯磨きと歯科医院での定期的な歯石取りによって、再度縁下歯石がつくことを予防することができます。

 

歯石が付きやすい、歯肉から出血するなどでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください!

インビザラインと食事|太田市の矯正歯科

2021年05月13日

【インビザラインと食事】

 

こんにちは、歯科医師伊藤です。

今回はインビザライン矯正治療と食事についてのお話です。

 

インビザラインはマウスピース矯正治療の一つであり、自分で取り外しが可能な矯正治療です。

 

1日20時間以上のマウスピースの使用が推奨されており、食事の際はマウスピースを外して食べることができます。

好きなものが食べられることはインビザラインの良い点だと思います。

 

注意点は、インビザラインのマウスピースをつけたまま食事をしないようにすることです。

インビザラインをつけたまま食事をしてしまうとマウスピースが割れたり、虫歯になりやすくなるなど様々な問題が起きてしまいます。

そのため、食べる前にマウスピースを外し、食べ終えたら歯磨きをしてからマウスピースを戻します。

間食を食べたい時も食べた後で、しっかり歯磨きをしてからマウスピースを装着しましょう。

 

もしどうしても歯磨きができない時はマウスピースをそのまま装着して過ごし、後で歯磨きができるタイミングになったらしっかりと歯磨きを行いましょう。

 

インビザラインでせっかく綺麗な歯並びを手に入れたのに虫歯になってしまうと悲しいので、お食事の仕方や歯磨きはしっかりとルールを守って楽しい矯正ライフを過ごして頂きたいと思います。

 

今回の内容はインビザラインと食事についてでした。

むし歯は誰が作っているのか。

2021年03月23日

むし歯は誰が作っているのか。

 

こんにちは、歯科医師の菅原です。

そろそろ春になってきて少しずつあったかくなってきましたね。皆さんいかがお過ごしですか?

 

前回の続きで今回もむし歯は誰が作っているのかを説明していきます。

 

前回口の中の菌が歯の周りや歯茎に溜まって行くと、プラークやバイオフィルムを作り、そうすると悪さをし始める事を説明しました。

 

そこに糖分を与えると、菌が糖分を食べて酸を出し始めます。

 

ですがまだこの段階では弱い酸なのでそれほど歯は溶かされません。まずはプラークやバイオフィルム内にいる菌に影響を及ぼして行きます。

 

どんな事が起こるかと言うと、酸に弱い菌が減って酸に強い菌ばっかりになります。

 

酸に強い菌は酸が好きなのでどんどん酸を出します。

 

すると口腔内の菌の種類に変化が起きて環境が変化します。

 

こうなるとどんどん酸を溶かして歯を溶かしてむし歯を作ります。

 

こうなってしまうと口腔内の状態を改善するのは難しくなってきます。

 

現代では糖を摂取しないのはかなり難しいので、他の人と同じ食生活を送っていただけでもむし歯になります。

 

皆さんはむし歯は誰が作っているのか予想がつきましたか?

 

もちろん狭く言えば口の中の菌です。

 

ですが口の中の菌は皆さんに存在しているので、国民全員がむし歯じゃないと説明がつかなくなります。

 

なので、むし歯を作るのは自分自身口の中の認識や気持ちだと思います。

 

むし歯になりやすいからしょうがないと思っている患者さんがいれば当院で一度診察を受けてみてはいかがでしょうか?

 

尾島デンタルクリニックではむし歯のなりやすさの検査である唾液検査なども希望者に実施しています。

 

総合的にお口の中がどの程度むし歯に対してリスクがあるかを診断できます。

 

自分がどのくらいむし歯になりやすいかを知るだけでお口の中の悩みへの対応が見えてくるかもしれません。

 

興味がある方は是非当院のスタッフに遠慮なくお伝えください。

 

次回はむし歯をどうやって予防するかを説明していきます。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • line相談
  • メール相談

電話での問い合わせ

0276-61-3718

医院の住所

〒373-0844 群馬県太田市下田島町1049

このページの先頭に戻る

LINEで矯正・審美治療の相談ができます

「私の歯ならびはマウスピース矯正できるかな......」
「ウチの子は矯正したほうがよいのでしょうか......」
「この銀歯を白くしたらいくらくらいかかるのかな......」

お口の悩みは様々ですが、なかなか初めての歯科医院に行くのはもちろん、電話も勇気がいりますよね。
尾島デンタルは予約もですが、電話も混み合っていてつながりにくいとご意見をいただくことが多い歯科医院です。
そこで、来院の前に気軽に相談できる方法として、写真を添付してLINEで相談を受けることにいたしました。

【注意点】
ご予約の変更やキャンセルなど、ご予約に関することはLINEでは行えません

  • ※1 写真のみでの診断は判断の難しい場合や、誤解などが生じるため、正確な診断ができない場合があります。
  • ※2 担当の歯科医師の状況により返信が遅くなることがあります。
  • ※3 詳しいご相談をご希望の方やご来院いただいてからとなります。ご希望の方は、ご予約の上ご来院ください。
  • ※4 県外などの来院が現実的に難しい方はお近くの歯科医院でご相談ください
LINE相談をする