医院ブログ|尾島デンタルクリニック

0276-61-3718
診療時間
09:00 ~ 13:0014:30 ~ 18:00
駐車場40台完備休診日 / 日曜日土曜診療
  • 初診専用 24時間WEB予約
  • ライン line相談
  • メール mail相談
キービジュアル

生理的口臭|太田市で口臭相談

2022年04月23日

こんにちは。歯科医師の高橋です。

前回に引き続き今回も「口臭」についてお話ししたいと思います。
今回は『生理的口臭』についてお話しします。

生理的口臭という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

生理的口臭は多かれ少なかれどなたにでもある口臭のことを言います。

 

歯周病や舌苔など口腔内の異常により発生する口臭を『病的口臭』といって治療が必要な口臭になるのに対して、生理的口臭は口腔内に異常はなく治療が必要ではないものになります。

生理的口臭にはいくつか特徴があります。

・起床時に発生しやすい(起床時口臭)
・食後・水分摂取後から時間が経つと発生しやすい(空腹時口臭)
・身体のコンディション・ストレスにより発生したり発生しなかったりする(緊張時口臭)
・ホルモンバランスにより発生することがある
・病的口臭ではないため周囲の人たちを不快にさせるものではないことがほとんど

 

つまり生理的口臭は仕方がない口臭であり、気にしなくても問題ないものです!!

歯磨きや水分摂取などの生活習慣の改善でよくなる場合がほとんどで治療は必要ありません。

しかし、マスク生活によりこの生理的口臭が気になる方が増えているように感じます。

一度匂いが気になるとどんどん気になってくるが口臭の怖さでもあります。

口臭が気になる方は口臭の原因がどこにあるのか歯医者さんに行って確認してもらってください。

気になる方は検査を行い数値化して状態を確認することで安心することもできますので検査を受けてみるのも手かもしれませんね。

むし歯になりやすい食べ物

2022年04月4日

こんにちは、歯科医師の鈴木です。

 

本日はむし歯になりやすい食べ物についてお話します。

 

むし歯になりやすい食べ物に共通する特徴として、

 

・歯にくっつきやすい食べ物
・口の中に長く残る食べ物
・糖分が多い食べ物

 

などがあります。

 

一番イメージしやすい食べ物で言うと、「キャラメル」はその代表です。

 

他にはアメやチョコレートなども挙げられます。

 

糖分の含まれる飲み物などもむし歯になりやすい食べ物と言われており、コーラやスポーツドリンクなどがその代表です。

 

また、見落としがちな食べ物として、僕が注意してほしい食べ物の一つが「のど飴」です。

 

風邪をひいた時や喉が痛い時に、1日中のど飴を舐めていたり、寝る前に舐める、そのまま寝てしまうなんて経験はありませんか?

 

のど飴を薬のような感覚で使用している人が意外と多いかもしれませんが、のど飴にも糖分が入っています。

 

最近では、代用甘味料などむし歯になりにくい糖分で作られた食べ物も増えてきています。

当院では、小さなお子さまがむし歯予防をしながら食べられる「むし歯になりにくいチョコレート」や「むし歯になりにくいグミ」などの販売も行っておりますので、気になる方はお気軽にご相談ください!

こどもの歯並び|太田市の小児歯科・歯並び相談

2022年01月29日

こんにちは、歯科医師の鈴木です。

 

本日はこどもの歯並びについてお話します。

 

最近5〜10歳くらいのお子さんの歯並びのご相談を受けることが多くなってきており、世間のお父さんお母さんがお子さんの歯並びに興味を持っていただけてることがすごく嬉しいです。

 

 

子どもの頃に治しておいた方が良い!と思っている方が多くいらっしゃるのですが、まさにその通りで歯並びは早くに治療した方が長い目でみた時に良い結果が得られることが多いと思います。

 

 

実際には「早く治療した方が良い」というよりは「早めに相談した方が良い」という方が正しいかもしれません。

 

というのも、この年齢のお子さんの歯並びは大人の歯(永久歯)とこどもの歯(乳歯)が混在することが多いため、

 

・いつから始めるのがベストなのか?
・今だったらどの治療法を選ぶといいのか?
・今は様子を見てていいけど、〇歳くらいになったらやった方が良い

 

などが、その子のお口の中の状況で変わります。体の成長に個人差があるように歯の生え変わりの時期にも個人差があるので、同じ年齢であってもひとりひとりお口の中は同じではありません。

 

中には、あとで生えてくる予定の大人の歯が生まれつきない!なんてこともあります。そう言った場合にも、ないことを早めに知っておくことで、ベストな時期にベストな治療を選択することができます。

 

お子さんの歯並びは、治療自体は今すぐでなくても、早めに一度相談しておくと、このままで良いのか?いずれは治療した方が良いのか?を判断することが出来ますので、もしお子さんの歯並びでお悩みの方がいれば、お気軽にご相談ください。

歯科受診率|太田市で予防歯科

2021年12月7日

こんにちは、歯科医師の鈴木です。

 

本日は「歯科受診率」についてお話します。

 

歯科受診率とは、歯科を受診している人がどのくらいいるのか?を示す数値です。

 

日本はこの歯科受診率が低いことが知られており、本日は歯科先進国のアメリカとスウェーデンと比較していきたいと思います。

 

まず、定期検診の受診率を比較すると、

 

スウェーデン:90%
アメリカ:80%
日本:2%

 

という調査結果があります。

 

また、日本でも80歳なったときに20本自分の歯を維持しましょう!という「8020運動」というものがありますが、80歳時点での平均残存歯数を比較すると、

 

スウェーデン:25本
アメリカ:17本
日本:8本

 

となっています。

 

このことから、歯科の定期受診が将来的な歯の健康に大きく影響を及ぼしていることが分かります。

 

あるアンケート結果では、日本人は「お口の中に何らかの違和感や異常を感じている」と答えた人の中で歯科を受診する人は約20%しかいないそうです。

 

何か異常が起こっていても大半の人はそのまま過ごしてしまい、我慢出来なくなるくらい痛くなったりしたときに初めて歯科に受診するという状況です。

 

歯というものは、痛みを感じ始めた頃には病気がかなり進行してしまっていることが多くあります。

 

それは、初期のむし歯や初期の歯周病は痛みを感じにくいからです。そこから病気が進行し、中程度〜重度になった頃、痛みとして自覚できるようになります。

 

痛くなったら受診するのではなく、定期的に歯科を受診することで痛みが出る前に病気を見つけることが出来たり、早めの治療を受けることが出来ます。

 

おかげさまで、当院へ通ってくださっている患者さんはみなさんとても意識が高く、ほとんどの方が定期受診をしてくださっているため、スウェーデンやアメリカと比較しても変わらないほどです。

 

もし最後に歯科を受診したのが1年以上前になってしまっている方がいれば、一度歯科医院への受診をおすすめいたします。

セミナー参加

2021年11月8日

こんにちは、歯科医師の鈴木です。
今回はセミナーの受講についてお話ししたいと思います。

 

セミナーとは研修会や勉強会のことで、尾島デンタルクリニックの歯科医師やスタッフは新しい知識の習得や技術の研鑽のために日頃からさまざまなセミナーを受講しています。

 

僕自身も多くのセミナーを受講しており、最近では診療が終わってから夜の20:00〜23:00までzoomを利用したオンラインセミナーを毎週受講しています。

 

コロナウイルス流行後は、このzoomでのセミナー受講が増えてきています。

 

僕だけでなく他の歯科医師やスタッフも平日や休日問わずたくさんのセミナーを受講しており、セミナーを受講している数で言うとおそらく日本一の歯科医院ではないかと思っています。

セミナーを受講することで、最新の歯科医療の知識を学ぶ、すでに行なっている治療のレベルをさらに上げる、有名な先生の話を聞き同じ方法を取り入れるなど、歯科治療のレベルアップを目指しています。

 

歯科業界は変化が多い業界なのですが、なかなか変化出来ずに何年間も昔のままの治療を行なっている歯科医院も多くあります。

尾島デンタルクリニックでは、セミナーの受講を通して学んだことをすぐに取り入れることが多いため、最新の治療や機材をどんどん導入しています。

 

セラミックを作成するCERECや、インビザラインの型取りを行うiTeroなども複数台導入済みです。

 

通ってくださっている患者さんのお口の健康を守っていくために、新しい知識の取得や技術の向上は僕たちの責任だと思って日々頑張っていますので、これからもたくさんセミナーを受講して、みなさんのお口の健康へとつなげていきたいと思います。

傷で出来やすい口内炎

2021年10月16日

こんにちは、歯科医師の平形です。

 

前回、口蓋隆起のお話をした際に、お口の中の粘膜にできるトラブルについてお話したい、と書きました。

 

皆さんは口内炎はできる方ですか?私は度々口内炎の襲撃を受けています。

 

痛い上に、何故か複数出来てしまうことも珍しくなく、生活する上で、かなり気になってしまい、仕事に集中出来ないこともあります。

 

お話やお食事も取りにくくなる厄介な症状ですが、原因は一つではなく、その時々で判断が必要です。

 

①傷
②ストレス、疲れ
③ウイルス
④カビ
⑤ガン、もしくはその治療での副作用
⑥アレルギーなど

 

今日はその中でも①傷で出来やすい口内炎についてお話して行こうと思います。

 

カタル性口内炎、単純性口内炎と呼ばれるものです。

 

食事中にほっぺの内側や舌を噛んでしまった時や、転んで地面に口をぶつけ、傷から地面の細菌に感染したときなどが代表的な原因です。

 

また、口の中が不衛生であったり、熱い食べ物で火傷したときなどに出来ることもあります。

 

痛みもあり、苦しいと思いますが、他の特徴として、傷ついた部分だけ白い口内炎が出来るというところがあります。1週間程度で自然に治るため、何か特別に薬や処置は必要ありません。

 

よく、小さいお子さんのお口の中で、この口内炎を発見した保護者の方が、びっくりして当院へご連絡してくださる方もいらっしゃいますが、基本はしっかり食べて、しっかり休んで、健康的に過ごすことが、治すことへの近道になります。

 

焦らず、過ごしましょう♡

 

ただ、痛みもあり、生活に支障が出る方もいらっしゃると思いますので、気になる際は一度我々歯科医師に確認させて頂ければと思います♡

審美セラミック治療|群馬県太田市

2021年07月24日

こんにちは、歯科医師の熊澤です。

夏に入り、群馬県はかなり熱くなってきましたね。

 

本日は審美セラミック治療、いわゆる白い詰め物についてお話しようと思います。

 

みなさんは審美セラミック治療についてどんなイメージを持っていますか?

見た目が良い?虫歯になりにくい?様々だと思います。

セラミック治療はセラミックス(陶材)のブロックを接着剤(むし歯治療で使用されるプラスチックに似たもの)を使用してつけることを指します。

 

セラミックスは陶材を使用しているので、金属やプラスチックと比較して

 

・汚れが付きにくい
・変色しにくい
・膨張、収縮が少ない
・使用する接着剤が溶けない

 

等の利点が挙げられ、これらが見た目が良い、虫歯になりにくいと言われる理由です。

 

金属の詰め物は5年間で60%程度しか持たないとの研究があります。
その原因は金属の膨張収縮や接着剤の溶出により歯と金属の隙間が生じるためです。
再治療の際は虫歯を削るため、ご自身の歯が少なくなってしまいます。

 

一方でセラミックの詰め物は5年間で90%以上持つという研究があります。

残りの10%の原因はセラミックの破折がほとんどです。

もしセラミックが割れ、再治療になったとしても今よりも大きく削ることはありません。

 

みなさんは虫歯になったとき、どういった気持ちを持って治療しますか?

少なからずもう虫歯になりたくないと思っているはずです。

 

今後セラミック治療を検討している方、詳しく知りたい方がいらっしゃいましたら
お気軽にご相談ください。

下顎隆起と外骨症|太田市の歯科医院

2021年07月13日

歯科医師の平形です。

先日、患者さんから「上あごに硬い出来物が出来ていて心配なので見てほしい」というお話がありました。

 

確認すると、「口蓋隆起」と言われるもので、専門的には「外骨症」といいます。

上の顎に出来るものは「口蓋隆起」、下の顎に出来るものは「下顎隆起」と呼ばれ、どちらも骨の過剰発育から見られます。

多くは、噛み合わせの強さ等が影響していると考えられています。

 

患者さん自身がお気付きになられた際は、悪性のものではないか?と受診されることが多いのですが、骨の変形ですので心配はありません。

そのため、何か自覚症状がなければ、経過観察になります。

しかし、あまりに大きくなったことで話しにくくなったり、お食事を飲み込みにくくなることもあります。

また、入れ歯を作る際に支障が出る方もいらっしゃいます。

そういったケースは、外科的に切除をご提案することもあります。

 

先程の患者さんは、口蓋隆起に気付いてから、気にして触りすぎてしまって、赤く腫れ、痛みが出てしまっていました。自然に過ごしていただくことが一番です。

気になる方は、1度クリニックへ相談にいらしてください。

 

口蓋・下顎隆起の様にわかりやすいものもありますが、頬の粘膜や歯ぐき、舌などの状態の変化には、皆さんなかなか気付かれないことも多いようです。

些細な変化にも対応出来る様に、我々にお口の中を確認させて頂ければと思います。

 

むし歯や歯周病の治療目的には限らず、3ヶ月に1回程度は、クリニックへ。ぜひお待ちしております。

また、機会があれば、お口の中の粘膜の病気についてお話していきたいと思います

歯ブラシの毛の硬さについて

2021年06月29日

こんにちは、歯科医師の熊澤です。

 

4月から新入社員が増え、かなり院内も賑やかになってきました。

 

今回は歯ブラシの毛の硬さの選び方についてお話します。

 

スーパーマーケットやドラッグストアには様々な硬さの歯ブラシが陳列されています。

 

みなさんはどの硬さの歯ブラシを使用されているでしょうか?

 

硬い毛の歯ブラシはしっかり汚れが取れそうだけど痛そう…

柔らかい毛の歯ブラシは歯茎に優しいけど、汚れが落ちるのか不安…

 

沢山あってどれを選んだらよいか分からない!という方もいるのではないでしょうか?

 

歯ブラシを購入する時に悩んでいる方もいると思うので「歯ブラシの毛の硬さ」に関する1つの研究データを紹介します。

 

研究内容は歯茎の傷と歯ブラシの毛の硬さ、年齢、性別、ブラッシング時間、歯茎の下がり具合、プラーク(汚れ)、ブラッシングの頻度の関連性を調べたものです。

 

結果としては歯ブラシの毛が硬いものと柔らかいものを一定期間(28日間)使用した口腔内を比較すると歯ブラシの毛が硬いほうが柔らかいほうと比べ、歯茎が傷つけやすく、歯茎が下がりやすいことも分かりました。

 

つまり歯茎を傷つけないためには、歯ブラシの毛は柔らかいほうが良いということになります。

 

ただし歯ブラシの毛が柔らかすぎると汚れが落ちにくいため、毛の硬さは 普通~柔らかめが良いです。

 

歯茎が下がってくると知覚過敏(しみる症状)が生じる可能性が高まるため、知覚過敏に悩まれている方や歯茎に痛みがある方は一度歯ブラシの毛の硬さに注目してみてはいかがですか?

 

もしどの歯ブラシを選んだらよいか分からないという方は遠慮なく当院スタッフに相談してみて下さい。

 

もちろんそれぞれの口腔内の状況に合わせてご提案させていただきます。

 

次回は「歯みがきとフロスはどちらが先に使用したほうがよいか」について説明していきます。

デンタルローン

2021年06月21日

【デンタルローン】

 

こんにちは、歯科医師の鈴木です。

 

本日はデンタルローンについてのお話をしようと思います。

 

聞いたことがある方もいるかもしれませんが、歯科の治療費をローンを組んで支払うことが出来ます。

 

当院でもデンタルローンは導入しており、インプラントや矯正治療などを行う方を中心にご利用頂いています。

 

歯を抜くことになってしまいインプラントをしたいけど・・・

昔から歯並びが気になっているけど・・・

子どもの歯並びが心配で早めに治してあげたい・・・

 

など、治療はしたいけど費用がネックになってしまいなかなか治療ができない方もいらっしゃいます。

 

デンタルローンであれば、治療費をローンの支払いに出来るので、月々数千円の支払いで無理なくお支払いしながら治療を受けることが出来ます。

(何回払いにするかなどもご自由にお選びいただけます)

 

 

歯を抜けたままにしてしまうと他の歯にも悪い影響が出たり、両隣の歯を一度削ってブリッジにしてしまうと削った歯は長持ちしません。

 

歯並びも早めに治すことで、新たなむし歯を予防できたり、卒業式・成人式・結婚式などのイベントも素敵な笑顔で迎えることが出来ます。

特にお子さんの矯正治療は子どもの時期に行うメリットが多いのでタイミングも重要です。

 

デンタルローンを活用することで、治療の選択肢が広がります。

 

治療費が心配な方も多いと思いますが、当院では治療費のお見積もりや分割払い、デンタルローンなどのご相談もお受けしていますので、何かご不安やご心配な点などあればぜひ一度ご相談ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • line相談
  • メール相談

電話での問い合わせ

0276-61-3718

医院の住所

〒373-0844 群馬県太田市下田島町1049

このページの先頭に戻る

LINEで矯正・審美治療の相談ができます

「私の歯ならびはマウスピース矯正できるかな......」
「ウチの子は矯正したほうがよいのでしょうか......」
「この銀歯を白くしたらいくらくらいかかるのかな......」

お口の悩みは様々ですが、なかなか初めての歯科医院に行くのはもちろん、電話も勇気がいりますよね。
尾島デンタルは予約もですが、電話も混み合っていてつながりにくいとご意見をいただくことが多い歯科医院です。
そこで、来院の前に気軽に相談できる方法として、写真を添付してLINEで相談を受けることにいたしました。

【注意点】
ご予約の変更やキャンセルなど、ご予約に関することはLINEでは行えません

  • ※1 写真のみでの診断は判断の難しい場合や、誤解などが生じるため、正確な診断ができない場合があります。
  • ※2 担当の歯科医師の状況により返信が遅くなることがあります。
  • ※3 詳しいご相談をご希望の方やご来院いただいてからとなります。ご希望の方は、ご予約の上ご来院ください。
  • ※4 県外などの来院が現実的に難しい方はお近くの歯科医院でご相談ください
LINE相談をする