医院ブログ|尾島デンタルクリニック

0276-61-3718
診療時間
09:30 ~ 13:0014:30 ~ 18:30
駐車場40台完備休診日 / 日曜日土曜診療
  • 初診専用 24時間WEB予約
  • ライン line相談
  • メール mail相談
キービジュアル

口腔乾燥症とムーカス

2019年09月26日

こんにちは、歯科医師の平形です。

 

突然ですが、最近、お口の中がヒリヒリするといった症状や、少し話しにくい、などと感じることはありませんか?

 

もしかしたら、それは唾液に問題があるかもしれません。

 

患者さんから、「お口が乾く」といった相談を受けることがあります。

唾液が減る理由としては、いくつあげることが出来ます。

加齢やストレス、お薬による影響も考えられるでしょう。女性はホルモンバランスも大きく影響します。

 

これらの理由で口腔の乾燥を訴える方は、「口腔乾燥症」が疑われます。

65歳以上の約4割が、この病気であると言われるデータがあるほど、実は多くの方が感じているお悩みといえます。

 

口腔乾燥症は大きく分けると2つに分けることが出来ます。

 

1つは、唾液の量が減少して症状が現れるケース。検査をして、基準値と比較することで、ご自身の唾液量を把握してみましょう。

尾島デンタルクリニックには、それを調べることができる”ムーカス”という機械も用意してあります。ピピッと数秒で、簡単に調べられる優れものなのです。

 

もう1つは、唾液量は正常値なのに、唾液の質が変わってしまって、症状が現れるケースです。こちらはムーカスでも判断されにくく、我々歯科医師がお口の中を診察し、唾液の性質自体を調べる検査を必要とします。

 

このケースは、患者さんご自身の全身的なご病気も影響していることが多いです。

 

どちらであっても、検査し、原因を探ることで、お悩みを改善することができるかもしれません。漢方などをオススメすることもあります。

 

まずは、すぐに調べることができる”ムーカス”で検査をしてみませんか?

もしお悩みの方がいらっしゃいましたら、平形まで声をかけてください。

口腔習癖と将来の歯並び

2019年09月23日

こんにちは。
歯科医師の今野です。

 

今日は子供たちのお口に関わる癖、口腔習癖が将来の歯並びにどんな影響を与えるかお話しします。

 

①指しゃぶり

親指に押されて、上の歯は出っ歯に、下の歯は全体的に後ろに下がってしまいます。また、上下の前歯が噛み合わなくなります。
下唇を噛む癖も同じように出っ歯の原因になります。

 

②口呼吸

お口をぽかんとあけていることにより、唇が前歯を抑える力がかからなくなり、上下の前歯が前に出てきてしまったり、かみ合わなくなります。また、すきっ歯の原因にもなります。
鼻で呼吸していてもお口がぽかんと空いたままになっている子は注意が必要です。

 

③舌を噛む癖

噛んでいる部位の歯が移動し、不正咬合となります。

 

④舌突出癖

赤ちゃんと大人とではものを飲み込むときの舌の動かし方が異なります。

赤ちゃんは飲み込むとき舌を前に突き出しますが、その飲み込み方が残っている場合に、舌が押す力によって上下の前歯が出っ歯になってしまいます。

 

⑤舌の位置

舌は安静にしている時、上あごの定位置に収まっているのが正常な位置ですが、それが下あごに収まってしまっているときに、舌が押す力によって下の歯が前に出てきてしまい、本来、上の歯が下の歯にかぶさる形になるものが、下の歯の方が前に出てきてしまうような反対の噛み合わせになってしまいます。

 

このように、お口に関わる癖によって歯並びが悪くなってしまう場合がありますが、これらの癖を改善することで歯並びの悪化を予防することができます。

 

当院では、すでに悪くなってしまった歯並びを治すだけでなく、このような口腔習癖を改善することによる予防矯正も積極的に行っていますので、ぜひご相談ください。

セラミックの種類

2019年09月13日

こんにちは、歯科医師の鈴木です。

 

私たち尾島DCの歯科医師、スタッフは日常的な仕事以外にも、休日は都内のセミナーや勉強会に積極的に参加して知識を深めています。

 

私自身もここ数ヶ月は毎週のように、都内で開催されるセミナーに参加させていただいています。中でも熱心に勉強しているのは、セラミック治療についてです。

 

セラミックが銀歯よりむし歯になりにくい、見た目が綺麗、体に優しいなどといったことは、みなさんもご存知かもしれませんが、一概にセラミックと言っても、実はセラミックにもいろんな種類があります。

 

そこで今回は、セラミックの種類について、ご紹介したいと思います。

 

セラミックとは、お皿や包丁などにも使われている陶材のことで、汚れがつきにくく、綺麗なことから、歯科の詰め物や被せ物としても活用されています。

 

尾島DCで取り扱っているセラミックもいくつか種類がありますが、大きく分けると以下の4つになります。

 

【ハイブリッド】

セラミックとプラスチックを混ぜた材料です。

セラミックが入っているため、通常のプラスチックの詰め物などと比べると、削れにくく、色も綺麗です。

しかし、セラミック100%ではなく、プラスチックも半分混ざってしまっているため、時間とともに色が変色してしまったり、噛む力に耐えきれず割れてしまうというトラブルも多い材料です。

 

【セレック】

セラミック100%で人間の歯とほぼ同じくらいの硬さをもつ材料です。

セラミックの中でも加工しやすく、作製にかかる時間も短いため、型取りからお口に入れるまでを1時間ほどの予約時間内で終えることができるので、治療が1日で終わるということが最大のメリットです。これなら仮蓋や仮歯も入れる必要がありません。

 

【e-max(イーマックス)】

セレックよりも硬いセラミックで、見た目も綺麗な材料です。

 

削り出したあとに、高温で20〜30分焼きあげなくてはいけない為、手間もかかりますが、その分透明感があり、より歯の色に近い仕上がりです。

 

奥歯など、噛む力がかかりやすい部位にオススメです。

 

【ジルコニア】

セラミックの中で最も硬い材料です。

e-maxよりも綺麗さは劣りますが、とにかく頑丈で、割れることはほとんどありません。

 

歯ぎしりが激しい方や入れ歯のバネがかかる歯など、力がかかりやすい歯に使用します。

 

というように、セラミックには種類があり、それぞれこのような特徴があります。

 

もしかすると「いろいろあって選べない!」という方もいるかもしれませんが、治療する歯の部位や用途によって選択が変わってきますので、尾島DCの歯科医師・スタッフが最適な材料をみなさんと一緒に考えていきますのでご安心ください!

 

何かご不明な点などあれば、お気軽にご相談ください(^ ^)

TCH

2019年09月10日

こんにちは、歯科医師の嶋崎です。

 

先日、久しぶりにサッカーをしたのですが、翌日に全身筋肉痛になってしまいました。

日頃から運動をしておくことの大切さを改めて実感しました。

 

さて、みなさんはTCHという言葉についてご存知ですか。

 

TCHとは、Tooth Contacting Habit(歯牙接触癖)のことをいい、日中食事をしていない時でも、ずっと弱い力で、上下の歯を噛み合わせてしまっている状態のことをいいます。

 

基本的に、食事や会話をしていない時間では、上下の歯は噛み合わさっておらず、隙間が空いている状態です。

 

接触をしている時間は、24時間のなかで、食事や会話を含めても平均17.5分程度ととても少ないのです。

 

TCHは何か作業に集中している時(例えば料理や運転など)、ぼーっとパソコンやスマートフォンを操作している時にも出現することがあります。

 

上下の歯が常に接触していることにより、咬む筋肉が常に緊張している状態になります。

 

その状態がさらに続くと、首や肩の筋肉にまで緊張が波及し、全身の疲労や筋肉のコリに繋がっていってしまうのです。

 

簡単なTCH対策としては、TCHがあることを認識し、自分自身で歯と歯を接触させないように意識することです。

 

お部屋の数カ所に、「歯を噛み合わせないように」と付箋などで貼っておくと、より気付きやすくなると思います。

 

自分のストレスを感じない範囲で、少しずつ意識して改善するようにしましょう。

 

何か不明点などありましたら、遠慮なく歯科医師、スタッフにお聞きください。

お気に入りの歯ブラシ

2019年08月19日

こんにちは。

歯科医師の平形です。

 

よく治療時に患者さんからお尋ね頂く中に「お気に入りの歯ブラシはあるんですか?」や「歯ブラシにはこだわりあるんですか?」といった質問があります。

 

答えはもちろんYESで、尾島デンタルクリニックに勤めている歯科医師をはじめ、スタッフそれぞれが自分の歯ブラシにはこだわりがあるでしょう。

 

私は、歯ブラシとフロスを使い、歯磨き粉も2種類を使い分けています。

 

尾島デンタルクリニックでは、患者さんお一人お一人に、担当の歯科衛生士がおり、お口の中の状態を見させてて頂いております。

 

お口の中も、人によって歯の本数も歯並びも違いますし、年齢による変化も考えられます。また、虫歯になりやすい人もいれば、歯周病が進行しやすい人もいることでしょう。

 

つまり、その人によって、オススメの歯ブラシは変わってくるわけです。

 

さらに、オススメの歯磨き粉や、歯間ブラシ、フロスなどの補助器具も、患者さんによって違ってくるのです。

(ちなみに私は猫と暮らしていますが、猫の歯磨きもこだわっています。笑)

 

我々は皆さんに合った、歯磨き道具をご提案させて頂いております。

 

せっかく毎日歯磨きするなら、ご自身にマッチしている歯ブラシや歯磨き粉でしていきませんか?

 

今度尾島デンタルクリニックにいらした際には、ぜひ我々スタッフにお声がけください♡

口腔習癖

2019年08月14日

こんにちは、歯科医師の今野です。

 

この頃テレビで芸能人を見ていると歯並びの良い方ばかりだなあと感じています。

 

さて、歯並びの良い人・悪い人はどうやって決まるのでしょう。

遺伝でしょうか。
実はそうとも限りません。

 

歯並びの悪くなる原因には大きく分けて

①遺伝的要因(あごの大きさなど)
②後天的要因(生活習慣・癖)

の2つがあります。

 

お口の「癖」が原因の場合、歯並びも予防することができます。

 

今日はこの後天的要因についてお話します。

 

歯並びが悪くなる原因となるお口の悪い癖を口腔習癖といいます。

たとえば口呼吸・指しゃぶり・舌の使い方等々…

こういった悪い癖は、子供のうちから放置しておくとどんどん歯並びが悪化してしまいますが、子供のうちにしっかり治しておけば、将来的に起こり得る歯列不正を予防できる場合があります。

 

お子さんの様子を見た時に

 

・お口をポカーンと開けている
・口呼吸をしている
・唇が荒れている
・上下の歯の間から舌が見える
・会話時に舌がよく見える
・硬い食べ物を嫌う
・食べこぼしが多い
・姿勢が悪い
・指しゃぶりなどの癖がある

 

などといった兆候があったら注意が必要です。

口腔習癖を放っておくと、歯列や咬合などの見た目の問題だけでなく、

「噛む」
「飲み込む」
「話す」
「呼吸する」

といったお口の機能全般に影響を及ぼすことになります。

 

心当たりのある方はぜひご来院の際にご相談ください。

 

次回は口腔習癖によってどのように歯列不正が起こるのかについてお話しします。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

1歳6か月健診

2019年08月2日

こんにちは。

歯科医師の林崎です。

 

私は普段、尾島デンタルクリニックだけでなく、色々な活動もしているのですが、その中に太田市の健診事業などのお仕事もしております。

 

いわゆる太田市の乳幼児健診などです。

 

私は先日も尾島保健センターで1歳6か月健診(1歳半健診)を行ってまいりました。

 

色々な悩みを抱えているお母様がいらっしゃって、少しでも力になれたらという気持ちとむし歯もない白い歯の乳幼児を診るとホッとした気持ちになります。

 

・・ほぼ全員のお子様が泣いてしまいますが・・。

 

そして私自身も、なかなかこんな人数の乳幼児を一気に診ることはないので、毎回とても勉強になります。

 

1歳半だとむし歯になっている子というのはほとんどいなくて(ほぼ0人でした)、どちらかというと、「歯並び」「受け口(反対咬合)」「歯肉炎」などのほうが気になります。

 

1歳半の時点で将来的に歯並びが悪くなりそうだなぁと思う子もいます。

 

特に受け口の子は保護者の方も気になるようで、色々と聞かれますが今の時点ですぐに矯正歯科としてできる対策はありません。

 

ですが、やみくもに「様子を見る」だけではなく、場合によっては4~5歳くらいになっても受け口だったときには手は打つべきかと個人的には思います。

 

他に目立つのは「上唇小帯」というものですね。

 

詳しい説明は省略しますが、こちらは気づかない保護者の方も多く、将来的な歯並びなどにも影響しますので、気になる方はかかりつけの歯科医院にご相談くださいね。

認知症と口腔ケア

2019年06月22日

こんにちは、歯科医師の伊藤です。

 

皆様、歯と健康の関わりについて考えたことはございますか?

 

先日私は、認知症と口腔ケアの関わりに関する本を読みました。

歯科医院の受診で歯周病を予防・改善することが脳の老化防止につながるという内容の本でした。

 

歯のケアは認知症だけでなく、誤嚥性肺炎、糖尿病、動脈硬化、脳梗塞や心筋梗塞などの全身疾患リスクを下げて健康寿命を延ばすことにも繋がると言われています。

 

医歯学生が生理学の授業で習うものに、ホムンクルス図というものがあります。

この図は脳が体のどの部分と密接につながっているかを表しています。

この図では、顔や口の領域だけで半分近くを占めており、歯のケアで口を刺激すると大脳の広い範囲に影響が及ぼされることを示しています。

 

したがって、全身の健康を考える際、歯科治療は大きな役割を担っていて、近年では人々の健康を守るために医科歯科連携の重要性が叫ばれています。

 

35歳以上の方に増えてくる歯の病気に歯周病があります。

 

若い頃は免疫力も高く、歯周病に対して抵抗してくれていたものが35歳以降から免疫力の低下とともに歯周病が進行していきます。

つまり、35歳以降は歯のケアをより考えていかないと、歯周病が進行し、全身の健康に重要な口腔の健康が損なわれていきます。

 

今までは歯磨きだけで済んでいたものが加齢と共に専門家による検査や治療が必須になってくるのです。

 

お口の健康を守ることが全身の健康にもつながるため、是非一度歯科医院を受診してみて下さい。不安が多い方でも不安な部分を一つ一つ解決していきましょう。

 

当院では口腔の健康を獲得し、しっかり咬むことで脳を活性化し、健康寿命を延ばせるよう精一杯取り組んでいます。

是非皆様のご来院をお待ちしております。

噛みんぐ30(カミングさんまる)運動

2019年05月26日

こんにちは。
食べることが大好きな歯科医師の今野です。

 

みなさんは「噛みんぐ30(カミングさんまる)運動」をご存じですか?

これは厚生労働省の提唱している運動で、一口30回以上噛むことを目標としています。

 

30回というのは、窒息防止や五感での味わいを考慮し、従来から噛む回数の目安とされています。私も幼い頃、母に「30回噛みなさい!」と育てられたものです。

 

しっかり噛んでものを食べることでたくさんの良いことがあります。

 

①左右の歯でバランスよく噛むと、唾液がよく出るので、汚れが付きにくくなります。
②よく噛むことは消化吸収を助けます
③ホルモン分泌が高まり、食欲が抑えられます。
④ゆっくり味わうことでうす味・少量でも満足感が得られます
⑤高齢者の方やお子様では特に、窒息予防になります。
⑥よく噛むことは脳の広い範囲が活動する運動であることから、脳の活性化になります
⓻心の満足度が得られストレス防止になります。

 

じっくり噛むことは食べ過ぎを抑制するだけでなく、噛むことによって得られる満腹感は、満足感をもたらしてくれるので、リバウンド防止にもつながると言われてます。

 

近年、欧米型の食品の普及により、やわらかい食品が日本人に好まれるようになりました。そのような食により、次第に噛む回数も減りつつあるようです。

 

一方で、玄米や雑穀は食物繊維やミネラルが豊富で、健康に有益であると年々評価が高まっています。雑穀や大豆、野菜を用いた伝統的な日本食は、咀嚼回数が自然と増える健康食です。

 

健康な歯を保って、歯ごたえのある日本食を楽しくじっくり味わい、みんなで健康になりましょう。

 

ここで、「だらだら食べはむし歯になると聞いたけど…?」と思った方、おっしゃる通りです。

 

グミやキャラメルなどをいつも口に入れているようだとむし歯になってしまいますね。何でもゆっくり食べればよいという訳ではありません。

 

来月は、むし歯になりやすい食べ物・食べ方についてお話します。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • line相談
  • メール相談

電話での問い合わせ

0276-61-3718

医院の住所

〒373-0844 群馬県太田市下田島町1049

このページの先頭に戻る

LINEで矯正・審美治療の相談ができます

「私の歯ならびはマウスピース矯正できるかな......」
「ウチの子は矯正したほうがよいのでしょうか......」
「この銀歯を白くしたらいくらくらいかかるのかな......」

お口の悩みは様々ですが、なかなか初めての歯科医院に行くのはもちろん、電話も勇気がいりますよね。
尾島デンタルは予約もですが、電話も混み合っていてつながりにくいとご意見をいただくことが多い歯科医院です。
そこで、来院の前に気軽に相談できる方法として、写真を添付してLINEで相談を受けることにいたしました。

【注意点】
ご予約の変更やキャンセルなど、ご予約に関することはLINEでは行えません

  • ※1 写真のみでの診断は判断の難しい場合や、誤解などが生じるため、正確な診断ができない場合があります。
  • ※2 担当の歯科医師の状況により返信が遅くなることがあります。
  • ※3 詳しいご相談をご希望の方やご来院いただいてからとなります。ご希望の方は、ご予約の上ご来院ください。
  • ※4 県外などの来院が現実的に難しい方はお近くの歯科医院でご相談ください
LINE相談をする