医院ブログ|尾島デンタルクリニック

0276-61-3718
診療時間
09:30 ~ 13:0014:30 ~ 18:30
駐車場40台完備休診日 / 日曜日土曜診療
  • 初診専用 24時間WEB予約
  • ライン line相談
  • メール mail相談
キービジュアル

麻酔

2019年10月29日

こんにちは、歯科医師の今野です。

 

先日、麻酔をして5歳の女の子のむし歯治療をしていたところ、夕方でお疲れだったのかうとうと途中で眠ってしまいました。

 

その姿を見ていたお母さんから心配の声が。

 

「麻酔が効きすぎちゃったってことはないですか?」

 

治療に使った麻酔によって眠くなってしまったのではないかとご心配されたようです。

 

さて、みなさん、
歯科治療で良く用いられる「麻酔」とはどういったものかご存知ですか?

 

麻酔は大きく分けて
『全身麻酔』と『局所麻酔』の二つに分けられます。

 

大きな病院では全身麻酔を使って眠らせた状態で歯科治療を行う場合もありますが、一般的に歯科診療所で使われるのは『局所麻酔』です。

 

全身麻酔と局所麻酔はどちらも『麻酔』を名乗っていますが、全く別物です。

 

全身麻酔は中枢に働きかけて、

 

①完全麻痺(無痛)
②意識消失(眠り)
③ストレス反応の減弱(身体の不動化)

 

の3つの要素をもたらします

 

一方、局所麻酔は痛みをもたらす刺激が中枢に侵入する前に神経伝導を遮断することで無痛が得られるので、局所麻酔薬を使ったからといって眠くなることはありません。

 

また、局所麻酔薬(リドカイン)によるアナフィラキシー反応の頻度は0.00007%と言われています。

 

中毒量は500mgと言われていますので、通常の歯科治療での使用量(1本1.8ml)では中毒量に達しません。特に子供に使用する時は成人に用いる場合よりずっと少ない量で治療しています。

 

多くの人が苦手意識をもつ麻酔ですが、遥か昔、麻酔のない時代に麻酔なしで抜歯していた古人の苦痛を思えば、とても有難く、歯科治療になくてはならないものです。

 

治療について何か気になることや不安なことがあったらいつでもお気軽にお聞きください。

摂食嚥下リハビリテーション学会

2019年10月25日

こんにちは、歯科医師の平形です。

 

9月の6日・7日の二日間で、新潟で開催された「第25回 日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会」に、菅原先生と一緒に参加してきました。

 

訪問診療を行なっている我々にとって、”接触嚥下=食べ物を飲み込む能力”は、常に大きな課題として、治療の主軸になるものなのです。

 

加齢に伴い、お口の周りや舌の筋肉が衰えてくることも大きいですが、飲み込もうとする反射が遅れてしまってくることもあります。

 

ただ、筋力も反射も、リハビリやトレーニングによって、その能力を回復を期待することができます。これらの最新の研究情報を学ぶ機会となりました。

 

最近、飲み込む時に喉に引っかかるような感覚がある…食事中咳き込むことが多くなった…食事する時にたくさん水分を取るようになった…など、少しでも思い当たる点がありましたら、ご相談下さい。

 

また、リハビリやトレーニングが必要なのは、高齢者とは限りません。

お子さんもその対象になることもあるんです!

 

みなさんのお子さんやお孫さんは、お口をポカーンと開けてしまっていませんか?

 

実は、唇を閉じる筋力が未発達なままのお子さんは、すごく多いんです。

 

尾島デンタルクリニックでは、そんなお子さんたちをトレーニングする、マウスピース型の器具で治療を行うことが出来ます。一度、お子さんの口元の癖が、当てはまるかどうか検査にいらっしゃるのも良いと思います。

 

ただ歯で食べ物を噛んで食べるだけでなく、お口は全身の入り口なのです。入り口が健康で無ければ、全体の健康は始まりません。

皆さんの飲み込む能力、一度検査を受けてみてはいかがでしょうか?

ご相談お待ちしております。

訪問歯科って?

2019年10月18日

こんにちは。歯科医師の鈴木です。

 

気づけば、夏も終わり、食べ物が美味しい秋の季節になってきましたね!

まだまだ暑い日が続きますが、体調管理など気をつけたいものです。

 

さて、今回は今までのセラミックの話から内容をガラッと変えて、尾島DCの『訪問歯科』についてお話しします。

 

そもそも訪問歯科ってどんなものかご存知でしょうか?

 

訪問歯科とは、歯科医院に通えない患者さんの為に、ご自宅や介護施設、病院などに伺って、その場で歯科治療をさせていただきます。

 

ただし、誰でも訪問歯科を利用できるわけではなく、いくつかのルールがあります。

 

・歯科医院に通えない特別な理由がある方(脳梗塞、心臓病、パーキンソン病、認知症、足腰が不自由など)
・伺わせていただくご自宅や介護施設までの距離が尾島DCから半径16km以内であること(国のルールで決められています)
・原則介護認定を受けている方(要支援1.2、要介護1〜5のいずれか)

 

主に上記の3点を満たしていれば、訪問歯科をご利用していただくことが出来ます。

 

では、実際にどんな治療をしてくれるの?という点についてもご説明いたします。

 

基本的には、尾島DCのクリニック内で行える治療は全て対応可能です。

 

むし歯治療はもちろん、詰め物・被せ物の作成、義歯治療、レントゲン撮影などなんでも行うことが出来ます。

 

また尾島DCは治したら終わりではなく、またむし歯や歯周病にならないように、しっかりと予防歯科にも取り組んでいますので、高齢の方では特に注意が必要な誤嚥性肺炎を予防するために、歯科衛生士による定期的な専門の口腔ケアもしっかりと行っています。

 

入れ歯が合わない、作り直したい

 

差し歯が取れてしまった

 

口の中の汚れを取ってあげたいけど介護するのが大変

 

などなど、歯科医院に通えない、または連れて行ってあげるのが難しいなどのお悩みがありましたら、まずは一度尾島DCへご相談ください!

本当は怖い歯周病4

2019年10月10日

こんにちは、皆さん!⻭科医師の菅原です。

 

少し寒くなってきましたね。
体調は崩されていませんか?

 

毎回僕の「本当は怖い⻭周病」シリーズを読んで頂いていれば少しずつ⻭周病の理解が深まって来ていると思います。

 

本⽇は⻭周病の⺟⼦感染について掘り下げて⾏きたいと思います。

 

⻭周病とは前回も軽くお話した様に、⼝腔内に常に住む常在菌が⼝腔内に汚れが溜まる事で異常に増殖する事によって起こります。

 

ところでこれらの⼝の中に住む菌は何処からやってくるのでしょう?

 

正解は他の⼈の⼝の中からやってきます。

 

では他の⼈の⼝の中からと聞いて、どんな時に移ると思いますか?

 

これはいろいろな場合があります。

 

例えば鍋料理などを介しての感染、ペットボトルの回し飲み、もちろんキスやクシャミなど様々な経路で感染します。

 

なかなか意識しなければ出来ませんが、この様な事を避けることでも⻭周病の予防になります。

 

特にこれは⼦供への⻭周病予防に最適で将来的に⻭周病になりづらい⼝腔内にすることが出来ます。

 

また家族や恋⼈からの感染が多いのも事実なので、家族やパートナーの⻭周病を予防することによっても⾃分への感染リスクを抑えて、⼦供の⻭周病の感染を抑えることが出来ます。

 

⻭周病の特徴としては、若い⼈には発症しません。

 

これはやや難しいのですが、簡単に⾔うと悪さをする菌が栄養を得るためには、たくさんの種類の菌が必要だからです。

 

この沢⼭の菌に感染するにはそれなりに時間がかかるため、⼦供では発症しない事が多いです。

 

ですが症状が無いだけで感染してることが多いので、知らず知らずに感染が広がって⾏くことが多いのです。

つまり⼝腔内のメンテナンスを⾏うとい⾔うことは、⼤切な⼈の⼝腔内を守ることにも繋がります。

 

これはあまり知られていませんが、とても⼤切な事です。

 

今⽇のコラムを読んで⼝腔内のメンテナンスを⾏う事に興味を持ってもらえたら幸いです。

質問があれば当院のスタッフにいつでも質問して下さい。

酸蝕歯

2019年10月6日

こんにちは、歯科医師の嶋崎です。

 

まだまだ、暑い日が続いていますね。

暑い時期には、冷たい炭酸飲料などを飲む機会も増えますよね。

 

今回は、この季節に飲む回数の増える炭酸飲料に関連する酸蝕歯についてお話をしようと思います。

 

酸蝕歯とは、歯の表面のエナメル質が、日常的に摂取している食事、飲み物に含まれる酸により、侵食されている状態のことをいいます。

 

本来であれば、酸性のものを摂取したとしても、お口の中にある唾液によって中和されます。

 

しかし、過剰量の酸性の食事や飲み物を摂取することで、唾液による中和が追いつかず、歯の表面のエナメル質の成分であるリン酸カルシウムが溶け出してしまうのです。

 

エナメル質が溶けると、歯の形が変わってしまい見た目が悪くなってしまったり、ひどい知覚過敏を起こしてしまうのです。

 

酸性の食品や飲み物の例としては

①炭酸飲料
②柑橘系の果汁飲料や果実
③黒酢を含んだ飲料

などが挙げられます。

 

酸蝕歯に対しての治療法としては、知覚過敏と同様の処置、プラスチックの材料で覆う、被せものを被せるなどがあります。

 

適度な量の柑橘類や炭酸飲料を摂取し、食事を楽しむようにしましょう。

 

何か不明点などありましたら、遠慮なく歯科医師、スタッフにお聞きください。

精密な歯科治療

2019年10月3日

こんにちは、歯科医師の伊藤です。

当院のブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

今回は趣旨をかえて、患者さんからは分かりづらい「私の治療のこだわり」についてお話ししたいと思います。

 

同じ歯科治療でも精密にこだわって行うことで歯が長持ちしやすくなるため、精密な歯科治療を行うことが大事だと考えています。

 

 

【こだわり1つ目】

 

全ての診療に拡大ルーペを使用しています。特に私が使用しているルーペは6倍の拡大率があるため、裸眼では見逃しがちなわずかなズレや虫歯も見逃すことがありません。

 

ルーペを使用することで治療精度が格段に上がります。

 

【こだわり2つ目】

 

虫歯の取り残しをゼロにします。
皆様は虫歯と聞くと黒いイメージを浮かべるのではないでしょうか?

 

実は、黒い虫歯以外に見た目には分からない白い虫歯も存在します。

 

そのため、虫歯の取り残しが無いかを調べるための染色液というものがあります。

 

染色液で染まる部分が虫歯です。私は染色液で虫歯の有無を数回に分けて確認しております。

 

先程述べたルーペと染色液を数回使用することで虫歯の取り残しを無くすことを徹底しています。

 

【こだわり3つ目】

 

歯の神経の治療を根管治療といいます。虫歯が神経まで達してしまった際には根管治療が必要になります。

 

根管治療で注意しなければいけないことは歯の中に新たな細菌を感染させないことです。
そのためには根管治療の回数を増やさないことが大切です。

 

根管治療を行う際、根管内に細菌を含んだ唾液が入らないように防湿と呼ばれる処置を行いますが、根管治療が長引くほど感染リスクも高まります。

 

そのため、必要な治療をなるべく早く行うことを心がけています。

 

【こだわり4つ目】

 

型取りの際に精密な型取りができる工夫をしています。
患者さんからは分からない部分ですが、型取りにもコツがあります。

 

歯茎が大事な部分に重なってしまっていることもたくさんありますし、わずかな出血が邪魔をして型取りがうまくいかないこともあります。

 

型取りを精密に採ることは被せ物の寿命に直結します。

 

そのため、歯茎を重ならせないようにして型取りを行なったり、出血させないようコントロールをして精密な型取りを行なっています。

 

【こだわり5つ目】

 

その方に最適な治療計画を考えています。

お口の中の状況は患者さんごとに変わります。

 

また、生活背景も変わります。患者さんとしっかり相談をしてその方にとってベストな治療が提供できるようこだわっています。

 

今回は5つ程に絞って私の治療のこだわりについてお話しさせて頂きました。

通って下さる患者さんのお口をなるべく効率的に健康になれるよう、またその状態が長く続くよう日々診療を行っております。

 

お口のことでお困りの方は是非ご相談下さい。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • line相談
  • メール相談

電話での問い合わせ

0276-61-3718

医院の住所

〒373-0844 群馬県太田市下田島町1049

このページの先頭に戻る

LINEで矯正・審美治療の相談ができます

「私の歯ならびはマウスピース矯正できるかな......」
「ウチの子は矯正したほうがよいのでしょうか......」
「この銀歯を白くしたらいくらくらいかかるのかな......」

お口の悩みは様々ですが、なかなか初めての歯科医院に行くのはもちろん、電話も勇気がいりますよね。
尾島デンタルは予約もですが、電話も混み合っていてつながりにくいとご意見をいただくことが多い歯科医院です。
そこで、来院の前に気軽に相談できる方法として、写真を添付してLINEで相談を受けることにいたしました。

【注意点】
ご予約の変更やキャンセルなど、ご予約に関することはLINEでは行えません

  • ※1 写真のみでの診断は判断の難しい場合や、誤解などが生じるため、正確な診断ができない場合があります。
  • ※2 担当の歯科医師の状況により返信が遅くなることがあります。
  • ※3 詳しいご相談をご希望の方やご来院いただいてからとなります。ご希望の方は、ご予約の上ご来院ください。
  • ※4 県外などの来院が現実的に難しい方はお近くの歯科医院でご相談ください
LINE相談をする